ソフトバンク光の自動更新なしプランを選ぶメリットとデメリット

お金1

ソフトバンク光を利用しようと思ってどんなプランがあるかを見ていると、自動更新なしプランというのが目に留まるでしょう。契約が自動的に更新されないプランだというのは一目瞭然ですが、どんなメリットやデメリットがあるのかがわからないかもしれません。

申し込むプランを選べるようになるためにプランごとの違いを理解しておきましょう。

契約期間によって異なる三つのプラン

ソフトバンク光では契約期間によって三つのプランを選べる仕組みになっています。冒頭で挙げた自動更新なしプランは契約期間の定めがなくて、特に手続きをせずともずっと利用し続けられるプランです。一方、契約期間が決まっているのが自動更新ありプランで、期間によって二つに分類することができます。

ソフトバンクによって推奨されているのは5年契約の自動更新ありプランで、一戸建ての場合にのみ選ぶことが可能です。もう一つが2年契約になっているプランで、一戸建てでもマンションでも申し込むことができます。自動更新ありプランは契約期間が満了したときに、特に手続きをしなくても契約が自動継続される仕組みになっています。

このように見てみると契約期間が定められているか、5年か、2年かという違いだけで、どのプランでも手続きをする必要なくずっとソフトバンク光を使い続けられるとわかるでしょう。それでもプランが分けられているのはメリットやデメリットに違いがあり、ユーザーが任意に選べるようにしているからです。

自動更新なしプランの特徴に着目して、それぞれのプランが持っているメリットやデメリットの違いを確認していきましょう。

⇒ソフトバンク光をマンションで利用する場合の料金

自動更新なしプランのメリット

お金18

ソフトバンク光の自動更新なしプランは契約をやめたいときに最も手軽にやめられるのがメリットです。自動更新ありプランの場合には契約期間の定めがあるので、契約期間中にやめようとすると違約金を支払わなければなりません。

2年契約の場合には9500円、5年契約なら15000円を負担することになるため、契約更新月でなければなかなかやめようと思えないでしょう。

自動更新なしのプランなら今月でも来月でも、タイミングを一切気にする必要なく自由にやめられるので安心なのです。とりあえずソフトバンク光を使おうと思うけれど将来的には変更する可能性があるという場合には特に魅力的な選択肢です。

例えば、単身赴任で一年間だけ一人暮らしをする予定になっていて、終わったらまた家族と一緒に暮らすこともあるでしょう。このようなときには契約期間がある自動更新ありプランにすると違約金の負担が大きくなってしまいます。

近々結婚する予定がある、両親と同居生活を始める予定があるなどといった形で家族構成が変わり、インターネット環境について見直す必要がありそうな場合にも自動更新なしプランにしておくと余計な費用がかからなくて済むので無難でしょう。

自動更新なしプランのデメリット

自動更新なしプランはいつでも気軽にやめられるものの、自動更新ありプランに比べるとデメリットもあります。月額料金が高く設定されているのが最大のデメリットで、長い目で見るとかなり大きな負担になってしまうでしょう。

例えば、一戸建て向けのプランでは2年契約にすると5200円なのに対して、自動更新なしプランでは6300円になります。マンションの場合にも自動更新ありプランでは3800円なのに、自動更新なしプランにすると4900円になってしまうのです。

通信費を節約するためには自動更新ありプランを選んだ方が良い可能性もあるので、契約予定の期間と照らし合わせて検討することが重要になります。

どのくらいの契約期間なら自動更新なしプランがお得か

パソコン9

自動更新なしプランを選んだ方がお得になるのはどのような契約期間の場合なのでしょうか。前述のように月額料金の違いがあって、2年契約に比べると毎月1100円の負担が余計に生じます。この積み重ねが違約金の金額を超えてしまったら自動更新ありプランの方がお得だったと考えることができるでしょう。

2年の自動更新ありプランでは違約金が9500円なので、8ヶ月までであれば自動更新なしプランを利用した方がお得になります。同じようにして考えると一戸建ての場合に利用できる5年の自動更新ありプランでは違約金が15000円、月額料金の差が1600円から1800円なのでおよそ8ヶ月から9ヶ月までなら自動更新なしプランの方が安上がりです。

裏を返せば9ヶ月か10ヶ月以上継続してソフトバンク光を利用するなら自動更新ありプランを選んだ方が良いということになります。解約のタイミングで違約金の大きな負担を強いられる可能性があるものの、トータルで見ると安上がりになるのです。

契約プランを決めるときにはいつまで契約するのかをきちんと試算して、自動更新ありとなしのどちらが良いかを慎重に判断するようにしましょう。

乗り換えキャンペーンについても知っておこう

毎月1100円くらいずつ高い金額を支払っているのに比べると一気に一万円以上失ってしまうのは辛いと感じる場合もあります。安直に考えるとその場合には諦めて自動更新なしプランを選ぶのが良いということになるでしょう。

しかし、解約してから別のインターネット回線を使用する予定なのであれば、自動更新ありプランにしておいても大丈夫な可能性があります。各インターネット通信会社が乗り換えキャンペーンを実施するようになってきているからです。

乗り換えキャンペーンでは他社からの乗り換えで契約をする人に対して違約金の一部または全額をキャッシュバックしていることが多くなっています。違約金を支払ったことを示す領収書などの書類を用意して申し込むだけで、最大で30000円以上ものキャッシュバックを受け取ることが可能です。

ソフトバンク光の解約金はせいぜい15000円なので大抵のキャンペーンであれば全額カバーをしてもらえます。もし契約の単純な解約ではなく、他者との新規契約を計画しているなら解約金を支払ってキャッシュバックを受け取るという考え方で自動更新ありプランを選ぶのが賢い方法です。

ソフトバンク光の自動更新なしプランを使うかはよく検討しよう

ソフトバンク光は契約期間の異なるプランが三種類あり、契約期間の定めがない自動更新なしプランはいつでも気軽にやめられるメリットがあります。しかし、2年や5年の契約になる自動更新ありプランよりも月額料金が高いのがデメリットです。

契約期間が短いときにはお得になるので、きちんと計算をして最も安くなるプランかを確認するようにしましょう。