ソフトバンク光をマンションで利用する場合の料金

お金18

ソフトバンク株式会社が提供する高速光回線のソフトバンク光は、快適な環境でインターネットが楽しめるサービスです。ソフトバンク光は、一軒家でも集合住宅でも利用することができますが、ここでは、これから自宅のマンションでソフトバンク光の利用を検討している人のために、ソフトバンク光の料金について詳しく紹介します。

ソフトバンク光を利用するために必要な初期費用

お金21

マンションでソフトバンク光を使用する場合にまず必要になるのが初期費用です。契約のための諸手続きにかかる費用が契約事務手数料で、ソフトバンク光に新規で申し込む場合も、Yahoo! BBを利用していた人がサービス変更をする場合も、手数料は共通して3000円です。

なお、現在ソフトバンク光を使用している人が、西日本エリアから東日本エリアへ引越しをする際に、サービスを継続して利用する場合にも、契約事務手数料3000円が必要です。東日本から西日本に引越しをする場合にも、同じように3000円の手数料がかかります。

上記の費用とはべつに初期費用として開通工事費も必要になりますが、フレッツ光ネクストもしくは他社の光コラボレーションサービスを利用している人の場合には、工事が不要なため開通工事費0円でサービスを利用できます。

開通工事費が必要になるのは、フレッツ光ネクスト以外のフレッツ光を利用している人や、フレッツ光を利用していない人、もしくはインターネットを利用していない人です。必要な工事は立会いが必要な場合と、立会いが不要な場合があり、光ファイバーを導入していないマンションなどは、立会いが必要です。

立会いが必要になる工事の場合には、開通工事費は一括して支払う場合、24000円です。立会いが必要でない工事の場合には2000円の料金で工事ができます。

東日本エリアのマンションの利用料

ソフトバンク光をマンションで利用する場合に、毎月支払う必要がある月額利用料は、サービスを利用する地域や、選択した回線タイプによって異なります。東日本エリアのマンションでソフトバンク光を利用する場合、マンション・ギガスピード、マンション・ハイスピード、マンションという3つの回線タイプから選ぶことができます。

この3つの回線タイプはいずれも利用料が共通していて、契約する年数によって、毎月の利用料が異なります。2年自動更新プランの場合、1ヶ月あたりの利用料は3800円です。

この2年間の契約期間には、課金開始日の属する月を1ヶ月目と数えて、24ヶ月目の最後の日までの期間が含まれています。

マンションでソフトバンク光を利用する場合には、自動更新をしないタイプの契約をすることもできますが、1ヶ月あたりの利用料は4900円になります。

西日本エリアのマンションの利用料

西日本エリアでもマンション・ハイスピードとマンションの回線タイプを利用できますが、東日本エリアと異なっているのは、マンション・ギガスピードのかわりに、マンション・スーパーハイスピードという回線タイプを選べることです。

西日本エリアでも、上記の各回線タイプの利用料は共通して、2年自動更新プランは1ヶ月あたり3800円の利用料金です。自動更新なしのプランは西日本エリアのマンションでも利用でき、1ヶ月あたりの利用料は4900円です。

なおマンションで2年の自動更新契約を結んだ場合、契約の期間内に解約が完了しなかった場合には、さらに2年間、契約の期間が更新されます。契約は2年間の契約期間の末日が訪れるまで継続されますが、契約が自然に満了する以前に契約を解除することもできます。

その場合には9500円の解除料の支払いが必要になります。本体の契約と一緒に、オプションのサービスを一緒に解約する場合には、その分の解除料も合わせて必要になります。けれども、本体とオプションの解除料の合計は10000円が上限なので、合計で10000円以上の料金になる場合にも、10000円の料金で契約の解除ができます。

追加ネームの利用料

ソフトバンク光をマンションで利用する場合には、追加で利用料を支払うことにより、オプションとしてさまざまなサービスを利用できます。西日本エリアのマンションでソフトバンク光を利用する人が申し込めるのが追加ネームというサービスです。

これは最大で9つまで契約することができるサービスで、IPv6通信機能オプションのネームと合計で、1契約につき最大で10個のネームを保有することが可能です。追加ネームの月額利用料は1個当たり100円で、9つの追加ネームを利用する場合には、1ヶ月あたり900円の利用料になります。

なお追加ネームサービスを利用する場合には、初期費用として工事費の支払いが必要になります。工事費はネームを1つ追加するごとに必要になり、1回あたり2000円の料金です。

なお、この追加ネームサービスはソフトバンクの西日本エリアだけで行われているサービスなので、東日本のマンションで追加ネームサービスを利用することはできません。

IPv6通信機能オプションの利用料

東日本エリアと西日本エリアのマンションで、共通して利用できるソフトバンク光のオプションサービスがIPv6通信機能オプションです。これは、パソコンなどインターネットを利用する機器にIPv6アドレス付与するサービスです。

付与されたIPv6アドレスを使用することで、インターネット空間を経由せずNGNのネット内で、各利用者が直接通信することができるようになります。なおNGNとは、Next Generation Networkのことで、新しい世代のネットワークとして、通信会社で整備が進められています。

回線交換タイプの電話ネットワークを使用しなくても通信ができるので、さまざまな目的で使用することができる最新型のネットワークです。NGNのネット内で各利用者が通信をする場合には、IPv6アドレスを使用するかわりに、ネームを使って通信することも可能なために、より安全で快適な環境で、ネットを使用することができます。

IPv6通信機能オプションの月額利用料は0円なので、ソフトバンク光の契約をしている利用者ならば追加で利用料を支払わなくても利用することができます。

マンションで快適にインターネットが楽しめるソフトバンク光

ソフトバンク光はマンションでも快適にインターネットが楽しめる高速光回線サービスで、選択したプランによって料金が異なります。2年自動更新プランを選択した場合には、1ヶ月あたり3800円の利用料で光回線を利用できます。

自動更新なしのプランの場合、毎月の利用料は4900円です。月額利用料が無料のオプションサービスもあります。

⇒ソフトバンク光の自動更新なしプランを選ぶメリットとデメリット

関連情報>株式会社エヌズカンパニー > softbank光フレッツhttps://ns-softbank-hikari.com/